プレスリリース

プレスリリース

「製品データシート」 リニアテクノロジー、新製品「LT3957」を販売開始

正/負どちらの出力電圧も安定化する5A DC/DC コンバータ

2010年6月15日 - 高性能アナログICのリーディングカンパニーであるリニアテクノロジーは、昇圧、フライバック、SEPICおよび反転電源アプリケーション向けに汎用性の高いDC/DC コンバータ「LT3957」の販売を開始しました。LT3957は−40℃〜125℃の温度範囲で動作し、高電圧動作のためにピンの間隔を拡張した5mm x 6mm QFN-36パッケージで供給されます。1,000個時の参考単価は295円(税込み)からで、リニアテクノロジー国内販売代理店各社経由で販売されます。製品の詳細情報は www.linear-tech.co.jp をご覧ください。

LT3957は3V〜40Vの入力電圧範囲で動作し、5A/40Vパワースイッチを内蔵し、最大96%の効率を達成するので、産業用、車載、医療、テレコムなどのアプリケーションに最適です。LT3957は電圧帰還エラーアンプと電圧リファレンスを2組備えているので、正/負どちらの出力電圧でも安定化することができます。1組の電圧帰還エラーアンプとリファレンスは正の出力電圧用、もう1組は負の出力電圧用で、両方で1本の帰還ピンを共有しています。LT3957は100kHz〜1MHzの範囲でプログラム可能な固定周波数で動作し、外部クロックにも同期可能なので、設計者はサイズ、性能、コストを最適化するために、種々のインダクタやコンデンサを選択できます。電流モード制御により、広範囲の電源電圧と出力電圧にわたり安定に動作します。LT3957は、セラミック・コンデンサのみを使用した設計が可能なので、ソリューション・サイズを小さくすることができます。このほかに、プログラム可能なソフトスタート、調整可能な入力低電圧ロックアウト、出力の過電圧および過電流保護などを特長としています。

LT3957の主な特長:

  • 昇圧、フライバック、SEPICおよび反転アプリケーション向け
  • 広い入力電圧範囲で動作: 3V〜40V
  • 5A/40Vパワースイッチを内蔵
  • 1本の帰還ピンを使用して正または負の出力電圧を設定
  • 100kHz〜1MHzの範囲で固定動作周波数を選択可能
  • 外部クロックに同期可能
  • プログラム可能なソフトスタート
  • 真の電流モード制御
  • 高電圧動作のためにピンの間隔を拡張
  • 出力の過電圧および過電流保護
  • ヒステリシスを備えたプログラム可能な入力低電圧ロックアウト

昇圧、フライバック、SEPICおよび反転DC/DC コンバータ c 2010 Linear Technology